成人式のお祝い

今から四半世紀以上も昔、「成人式のお祝いに」と、当時つきあっていた彼からタグホイヤーの腕時計をプレゼントされました。それまで高級腕時計とは無縁の暮らしを送っていたので、思わぬプレゼントにびっくりし、そして、とてもうれしかったことを覚えています。友達には「学生の分際で、そんな高価なプレゼントをするなんて」と言われましたが、一生懸命アルバイトをして、買ってくれたのだなあと思うと、愛着ももっともっとわいたのでした。私も、そんな彼の気持ちにこたえたくて、やっぱり一生懸命アルバイトをして、その後、お揃いの腕時計をプレゼントしました。
高級腕時計とは言え、派手で華美な感じは全くなく、つや消しのシルバーはスポーティーな雰囲気で、ダイビングはしませんが、バイクであちこちツーリングしたりするような私達に、似合っているように思えました。そう、エレガントというよりはスポーティー。華美ではなく、シンプル。
私は、カヌーを趣味にしていた時期もありましたが、そんな時もこの時計はいつも一緒でした。一度、電池を交換してもらった時に時計屋さんの勘違いから防水テストをしてもらわなかったため、文字盤内に水が入り、修理・・かなり高い修理費用がかかってしまった・・といったこともありましたが、それ以外はなんのトラブルもなく今に至っています。最近は日常生活はもちろんですが、山登りのお供として活躍しています。
結局私はこの時計をオメガの買取サイトはこちらで売ってしまいました。
この腕時計をプレゼントしてくれた彼とは遠い昔に別れてしまいましたが、この時計は今でも私の手首にあります。いまどきは携帯やスマートフォンの時計機能で事足りますが、腕時計をしていないとどうにも落ち着かないのです。生きてきた時間を、今現在を、これからの時間を、タグホイヤーの腕時計でその度に確認しているのかもしれません。
この腕時計をプレゼントしてくれた彼と別れても、当時の私はもうどこにもいなくとも、あいかわらずこの腕時計に似合う、元気でフットワークの軽い私でいられたらいいなあと思います。

高級腕時計の選び方

皆様は高級な腕時計を購入する時、どの様な腕時計を選びます?。人によって異なると思いますが、何となく、高級な素材で作られた腕時計、要するに、持っているだけで商品として価値が高い腕時計を選ぶ人が多い様な気がします。
しかし、高級な腕時計は宝飾的価値が高いだけに限らず、その機能が高い点に真価が問われます。実際の所、高級な腕時計の中には月齢を表示する「ムーンフェイズ機能」や日付を表示する「パーペチュアルカレンダー機能」を持っている腕時計が数多く存在しています。
ムーンフェイズ機能は円盤上の2つの丸を月に見立てて月齢を表示する機能です。円で円を隠す仕組みになっているため、多少不自然に見えますが、慣れれば月食っぽく見える月から本来の月相が分かります。当然、高級な腕時計になればなるほど月面がリアルに描かれているだけでなく、その精度も高くなっています。一般的には朔望月29.5日で計算している様ですが、高級なムーブメントを用いている腕時計ほど精度が高く、29.53058日に限りなく近い値を叩き出しています。
一方、パーペチュアルカレンダー機能は暦に必要な閏年周期・月・曜日・日・午前午後を全てムーブメントとして管理しています。一例として2014年2月28日(金)の翌日は2月29日ではなく、3月1日(土)になる様に腕時計内で制御しています。日付と曜日で別の歯車を用いているため、3月1日は火曜日にならず金曜日になります。オリンピック(夏季)が開かれる年は全てうるう年と扱うため、400年に3回の調整が必要ですが、それ以外は日付調整の必要がありません。ただし、閏年周期・月・曜日・日をあらわす4つの文字盤と午前午後をあらわす箇所が必要になるため、純粋に腕時計として使いますと考えますと少々鬱陶しさを感じるかもしれません。
その他、惑星や星座の動きを表示する腕時計も存在しています。星座はともかく、惑星の動きを制御するには数多くの歯車が必要になりますから、非常に高額化しますが、惑星の位置は簡単には調べられないため、実際に購入するだけの価値はあります。

グランドセイコー

どんな高級腕時計よりもセイコーの腕時計がやはり一番だと私は結論から言って思います。
シャネルやカルティエなど、いかにもブランド重視の腕時計は私は恥ずかしくてつけられません。
確かに一時期は、それがとても素敵で魅力的に見えた時期がありましたが、やはり腕時計の役目をしっかり
果たしてくれるのはセイコーなのではないかと思います。
ロレックスの腕時計もとても高価で価値があるかもしれませんが、腕時計としてはどうでしょうか。
値段に見合った、利用価値があるでしょうかと考えたとき、私はあまり納得できませんし、ロレックスは
あまりにも有名なため、ある程度の人なら、それがいくらしたのかなど分かってしまいます。
シャネルやカルティエなどもデザインによってはすさまじく有名で定番のものもたくさんあり、人に値段が分かってしまうものに魅力は感じません。
人にお金持ちだと思われたい人はそういうブランド腕時計をつければいいと思います。

私はやはり日本企業を応援したいというのもありますし、セイコーの腕時計ならいやらしくもなく、世界に誇れる日本の技術だと思います。
オメガの時計も月に行ったという話がありますから、とてもロマンの溢れる素敵な時計だなぁと思いました。
そのように人にロマンを語れるような知的な腕時計はとても魅力的だと思います。

私が今、使っている腕時計はセイコーですが、デザインも可愛くシンプルでとても気に入っています。
値段も高すぎず、安すぎずで納得のいく値段でしたし何よりも、機能や耐久性に信頼があります。
しかし、年齢的に次に買う時計はグランドセイコーの腕時計がほしいと思っています。

グランドセイコーは女性用デザインはまだまだ少ないのですが、だからこそほしいと思います。
やはり、日本の企業を応援したいなど、そういう理由でも日本人にはセイコーなどを選んでほしいと思います。
あまり、ブランド価値や見栄などに振り回されないで本当に良い腕時計をつけられるような品のある日本人でいてほしいと思います。

ブランド志向じゃなくても

 私はブランド志向ではないのですが、やはり腕時計は日本のセイコーが大好きです。中学生の頃からの私にとっての信頼のブランドで今でも変わりません。
 今から40年以上前の遠い昔の話しになりますが、私が初めて腕時計をしたのが中学生になった時でした。当時メーカーはセイコーかシチズンの二つしか選択肢が無かったような気がします。動力はゼンマイ式で自動巻きが主流で、17石とか23石とか石の数が多いほど時間の狂いが少なく、値段が高いと云われていました。腕時計の種類も、ファイブスポーツ、ファイブアクタス、ロードマチック等色々ありましたが、中でも今では殆ど見られなくなった、文字盤の中に日付と曜日が表示されるタイプが、当時は「カッコ良いい」と云われていた気がします。
 中学生になって腕時計が必需品になり、親に買って貰えることになりましたが、私は濃いグレーの文字盤で、日付と曜日入りのセイコー「ロードマチック」を買って貰いました。曜日は英語表記と漢字表記のどちらかを選択でき、漢字表記は仲間にバカにされると云うことで、みな英語表記をしていました。
 当時は今ほど豊かな時代ではありませんでしたが、中には経済的にゆとりのある家もあり、クラスの中には、かなり良い腕時計をしている人もいました。休み時間になると、自動巻きだと言いながら、左腕を振って腕時計をカシャカシャと音をさせながら、それぞれの時計を見せ合って、みなで一喜一憂していたことを憶えています。
 その後社会人になって、今から18年前にちょっと浮気?して、年差10秒以内で超薄型のシチズンのエクシードを約10年間愛用したことがありましたが、今は同じ様な薄型タイプで、セイコーのドルチェを愛用しています。
 時計としての正確さや機能面に関しては、日常生活で使用する分には、どのメーカーもそれほど差が無いと思いますが、私はやっぱりセイコーの時計が好きです。なぜセイコーが好きかと云う具体的な理由はありませんが、私にとってセイコーの時計が一番安心するような気がします。
 今でも私の中には「時計はセイコー!」の昔からの言葉が生き続けています。

美しいデザインポールスミスの時計。

腕時計はカッコいい物をしたいですね。女性が貴金属を始めたとしたアクセサリー類であれば、男性は腕時計でしょう。

腕時計を選ぶ基準、まず誰でもしている時計を自分もするのは嫌ですね。たとえば電車の中や会社の同僚と近くに立ったり、座ったりした時に冴えない奴だったとします。
そんな人の腕をふと見たら自分と同じ腕時計をしている、こんな嫌な事はありませんね。

テンション下がりまくりです。もう二度とその時計を巻きたくなくなるかも知れません。

そんなわけでROLEX、オメガ、タグホイヤー等の有名ところの時計はお金があっても絶対に買いません。かなり高い確率で人と被るからです。

人と被らずにそこそこのクオリティーがあって、デザインが個性的でかっこいいものをと考えていくと、ポールスミスの時計になります。
有名は洋服ブランドですが、身につけている人はそれ程多くありません。

時計もそうですね。特にある程度の年齢を重ねてくると殆ど見掛けません。

ポールスミスの時計は本当にデザインが素晴らしいのです。値段も驚くほど高いというわけではありません。
ポールスミスの時計はシチズン製なんです。だからそれほど高くないのでしょう。

先日ポールスミスのソーラー電波時計を購入しました。ショップで見掛けて一目ぼれしまして、8万円で購入しました。

今まで買った時計の中で一番高い物となりました。ソーラー電波時計は便利です。まず時間が絶対に狂わない、そして電池交換も不要です。

永遠に電池交換不要という事ではありませんが、普通のクオーツに比べれば何倍も長持ちします。

ほぼメンテナンスフリーでデザインは秀逸、誰とも被らない、値段もそれ程高くない、素晴らしい買い物でした。

新しいポールスミスの時計がまた発売されましたが、やっぱりいいデザインの時計がありました。

もう一本ポールスミスのソーラー電波時計を買ってみてもいいかなと思っています。

次はもう少し高価な時計を選んでみようかなと考えています。

セイコーの腕時計

 セイコーの腕時計は昔はそんなに高級なイメージはありませんでしたが、今ではだいぶ高級な時計のイメージがします。
 昔から比べるとだいぶ格もあがり、日本のロレックスのような感じがします。
 外国でも人気があり、映画の中で、腕時計のアップのシーンがあり、「SEIKO」の文字盤がでてくることもしばしばです。多くのスポーツの大会の公式の時計として使われているのも目にします。

 セイコーの時計の魅力について紹介したいと思います。

 魅力その1 変わらないデザイン
 セイコーの時計の魅力は変わらないデザインでしょう。
 グランドセイコーというモデルは、昔からほとんど変わっていない気がします。人気のモデルはオークションで高値で取引されているようです。
 セイコーの時計は、50歳以上の年代の人にとっては、最初に買った腕時計のメーカーであった確率が非常に高いと思います。そう言った意味では思い出に残る時計ブランドであるといえるでしょう。
 腕時計は最初は親に買ってもらう事が多いのではないでしょうか。始めて買ってもらった時計を今も持っている人は少ないと思いますが、記憶の中にセイコーの時計が残っているものです。

 魅力その2 安いモデルはブランド名を変えている

 昔は時計といえばセイコーでしたが、次に台頭してきたのがシチズンです。イメージ戦略でシチズンがおしゃれに感じた時期がありました。そのあとは、時計の値段がどんどん下がり、外国製品もたくさん入ってきました。今では、100円ショップでも腕時計を売っています。
 セイコーは安い値段のモデルには、セイコーの名前を使っていません。
 アルバという関連ブランドとして出すことによってセイコーのイメージを崩すことなく時代を乗り切りました。

 今はクラッシックなモデルがリスペクトされる時代になりました。
 そんな中でセイコーの時計はさらに価値観が高まってきています。
 冒頭に書いた、セイコーのイメージの高級感もセイコーが築いてきた時間と信頼の証しだと思います。

 
 

 
 

偽物には要注意

最近は携帯電話で時刻を見るために腕時計を使用する人が少なくなっていると聞きます。しかし時間単位で動く仕事などでは腕時計は必要不可欠なものとなっています。ビジネスマンではほとんどが腕時計を使用しています。
腕時計といっても高級なブランド品が多く好まれているようです。いいものを持つということが自分のステータスと考えて高級腕時計を身に付けているのです。しかしブランド品だと思っていたものが偽者と知ったときにとてもショックを受けてしまうことでしょう。
一番間違いがないのはブランドのショップで直接購入することです。そして偽物を購入してしまう場合というのがインターネットオークションです。最近の偽者はとても精巧にできていますので見た目で素人が判断することはとても難しいのです。
自分も偽物のブランド腕時計を持っていたことがあります。友人からいただいたものなので当然本物だと思っていました。しばらく愛用していたのですがまた別のものが欲しくなりしまっていてもあれなので質屋に持っていくことにしたのです。
質屋で鑑定をしていただいたところ我が家に来た腕時計は偽物であるといわれました。自分の目で見させていただいて納得をしたのですが今まで知らないで使っていたのでとてもショックでした。
偽物腕時計ですが自分にくれた方は路上で買ったというのです。路上という時点で気が付いて欲しかったです。偽物にお金をだすなんて非常にもったいないと思いました。
自分が見た感じですが本物も偽物も区別はできませんでした。質屋さんに教えてもらったポイントとして虫眼鏡で見れば本物とはマークが違いました。それは虫眼鏡があったから見れたという話で自宅には虫眼鏡なんてありませんので良く分かる訳がありません。できることなら偽物には要注意が必要です。
やたらブランド品を安く勧めるサイトがありますが本物かどうか見極めることができるのは自分の問題であると思いました。

セイコーの腕時計

私は長年、日常使いにセイコーの腕時計を使っていました。ルキアというシリーズでボーイズサイズでちょっと見、ロレックスのような感じがする腕時計で、気に入って使っていました。おしゃれをするときにはカルティエのパシャを使っているのですが、パシャは機械式で自動巻なので、動かしていないと止まってしまうので、セイコーの腕時計を買いました。
買ったのはもう、かなり前のことで、成田空港の免税品店で買いました。
それから、その腕時計を気に入って使っていたのですが、電池切れでもないのに止まってしまって、時計店に持って行ったら、オーバーホールが必要ということで、修理費用だけでも13000円くらいかかるということでした。そこで、その時計は修理せずに、新しく腕時計を買うことにしました。
前々から気になっていたソーラー式の電波時計の腕時計が欲しいと思ったのでした。すると、ルキアシリーズでソーラーの電波腕時計が売っていることを知って、それを買おうと思いました。
時計店に時計を見に行きましたが、カルティエのパシャがシルバーなので、セイコーはゴールドがいいなと思いました。実店舗では定価販売でした。
そこで、デザインや大きさを実店舗で確認してから、楽天市場で検索して、安く売っている時計店を探して、そこで買うことにしました。
それまで使っていた同じルキアの時計よりもかなり小型になりますが、ブレスレットみたいな感じでおしゃれだなと思いました。
ソーラーなので、いつも明るいところに置いていなければ止まってしまうので、出窓のところに置いています。
電波腕時計なので、時間を合わせる必要がないところもすごく便利だと思います。電池の交換も必要ないので、とってもいいです。保証も3年間ついているので、3年以内に異常があったら、お店に送れば修理してもらえるところもいいなと思っています。
セイコーの腕時計にしたのは、他のメーカーよりもメジャーなイメージがあったからです。

タグホイヤーの腕時計

30代前半の男性会社員です。
腕時計に関してはめちゃくちゃ詳しいというわけではないのですが、タグホイヤーの腕時計に関しては非常に思い入れがあり、再び自分の腕に巻けることを願いながら書かせていただきます。

それまで私は腕時計に関してはほとんど無頓着に近い状態の中で社会生活を過ごしていました。
当時使用していた時計はアニエスべーの腕時計で、4年くらい使っていました。
入手したキッカケは親族からの就職祝い、そのアニエスが電池切れを起こしたことがキッカケとなり、
自分で腕時計を選んでみようという思いから、タグホイヤーと出会うこととなりました。

タグホイヤーは当時ブラット・ピットが広告に出演しており、テレビCMもしばらく流れていたかと記憶しています。
ブラピ好きな私にとっては、まだ何も判らない時計の世界ではチョイスする代第一基準となっていきました。

腕時計のブランドもたくさんある中で、友人などはロレックスやオメガといった名だたる名ブランドがほしいと語っていましたが、私自身、まわりと同じものをチョイスすることには興味がなく、かといって100万円も200万円もする時計に手を出せるほどの収入も器量もなかったということもあり、タグホイヤーがほしいという気持ちがいよいよ強くなりました。

時計店に行っていくつかタグホイヤーを試着させていただきましたが、最も気に入ったのがカレラ(確かレーサー?)です。
盤面に気圧などの複数窓があり、背面がスケルトン、そして自動巻きという仕様も非常に気に入りました。
予算的にも当時30万円程度だったので問題なしということで、すぐに購入することにしました。

それ以降は大切に大切に使っていて、会社の上司にも「見る目あるじゃねーか」とお褒めいただくなど、とても満足いく日々を過ごしていたのですが、不測の事態により自分の定期的な収入だけでは到底まかなれるような額ではない出費を余儀なくされました。
なんとか金をかきあつめてあと少しのところまできたのですが、最後の10万円がどうしても足りない…悩みに悩んだ末、タグホイヤーのカレラを手放すことに決めました。
それから早数年が経過しますが、いまだにカレラを取り戻すことが出来ていません。
しかしあの時計以上に自分に合った時計がないと確信しているため、必ず近いうちに取り戻すという決意を固めています。

高級腕時計の選び方

誰もが一度は憧れる高級腕時計、あなたはどんな時計が欲しいですか?
あなたの希望やシーンによって選び方が違って来ます。
その選び方の違いなどについて説明したいと思います。

◆男性向け、女性向けとで選び方が異なる高級腕時計
まずあなたは男性ですか?女性ですか?
男性の場合は、まず男性向けの大きさの腕時計ということが必須となります。
有名どころではロレックスですが、IWCなど専門的な腕時計のメーカーもあります。
また、日本製であればセイコーやカシオなどがあります。

専門的な腕時計でしたら電気屋さんにもありますし、百貨店やロレックス専門店などで購入可能です。

女性の場合は、ブランドの時計をファッションでつける人も少なくないでしょう。
その場合はカルティエやシャネルといったブランドからニューヨークブランドなど比較的カジュアルなブランドの腕時計を選ぶことも出来ます。

カジュアルなブランドといってもそれなりに数万円するものがほとんどで色がカラフルですが安い訳ではありません。

◆専門ブランドかファッションブランドか
腕時計に追求するのは何でしょう。
精巧な時計を選びたいという気持ちでしょうか。
そう言う場合は、ロレックスなど定番の精密機器メーカーの時計を選ぶべきでしょう。
近年は衛星時計で自動的に時刻を合わせる機能があったりハイテクな腕時計でも高級なラインが出て来ていますので、そのような物を選ぶ手もあります。

また、ビンテージ時計を選ぶということもあります。
白金などにビンテージ時計の専門店がありますが、ネットでもビンテージ時計は手に入ります。

こちらはロレックスやオメガなど定番メーカーで昔からあるものでデザインがビンテージだったりする訳ですが、メンテナンスがある程度必要です。

すぐ壊れたりする可能性もあります。
そのようなことを承知で購入するべきではありますが、味わい深い何とも言えないデザインを身につけることで気持ちが高ぶるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
あなたがどのような腕時計をつけたいかで選び方を考えてみてください。